クレジットカードは計画的に利用しよう

###Site Name###

クレジットカードは、物を購入した際、またサービスを利用した際に発生した料金を先延ばしすることができるカードです。

これは一時的にカード会社に料金の支払いを肩代わりしてもらうことで成立している仕組みです。

そのためクレジットカードの利用者とカード会社の信頼関係が何よりも重要視されます。

よってもし、カードの利用方法などに問題がある場合、たとえば請求された料金の支払いが遅れた場合などには、まずこの信頼関係に影響が出てくる可能性があります。

このことにより、クレジットカードの利用を停止されることもあるので、カードは計画的に利用することが重要です。


またもうひとつ、こうしたカードの利用歴、契約内容、利用料金の支払い遅延などは、全て個人の信用情報に記載されていきます。



この信用情報と言うのは、クレジットカード申し込み時だけでなく、様々な金融機関でローンや融資を申し込む際、あるいは商品の購入に際してローンを利用する際などにも審査材料として利用されるものです。



そのためカードの利用に問題があると、その後の金融サービスの利用にも影響が出てくる可能性が高くなります。



勿論、こうした信用情報は一定期間ごとに更新されていくので、永久的にこうした影響が出てくると言うわけではありません。ですがやはり、信用情報はきれいなままであるに越したことはありません。

このようにクレジットカードの利用は、自分の社会的信用や金融サービスの利用にも関わってくると言うわけですから、やはりその利用は計画的に行う必要があると言えます。