クレジットカードとデビットカード

###Site Name###

クレジットカードと間違いやすいものとして、デビットカードと呼ばれるものがあります。

デビットカードの説明をするのは難しいですが、簡単に言うとすれば、後払いをせずに品物を購入した時点で支払いをするクレジットカードであると言えるでしょう。


通常、クレジットカードを利用して買い物をすると、支払いは翌月もしくは翌々月です。


しかし、デビットカードの場合は、支払手続きをしたその瞬間に決済が完了します。

そのため、利用した時に引き落とし口座に残高がない場合には、利用することが出来ないと言えます。



そして、クレジットカードの場合は限度額をカード会社が決めますが、デビットカードは口座の残高がそのまま限度額となります。



デビットカードを発行するのは、カード会社ではなく銀行であるということも両者の違いです。


デビットカードであれば、中学生は対象とはなりませんが、15歳以上であれば、審査を受ける必要なく、持つことが出来ます。


デビットカードの中には、国際ブランドがついているタイプもあります。

このようなタイプの場合は、日本国内だけではなく、海外でも利用することが出来ます。

また、盗難保険やショッピング保険などの保険が付帯されており、不正利用されたという場合でも補償されますので、安心して利用することが出来ます。
さらに、海外のATMで利用することで、クレジットカードのキャッシング機能を利用するのと同じように現地の通貨を手に入れることも出来ます。