クレジットカードを安全に利用するための注意点

###Site Name###

クレジットカードには不正利用に対する補償があり、60日以内にカード会社に届け出ることで代金を支払わずに済むものが多いです。

しかし、過失があると対象外になるので注意が必要です。



クレジットカードには暗証番号がありますが、誕生日のような推測できるものでは過失があるとして補償されません。



また、本人以外にカードを渡し、暗証番号を教えた場合も利用を許可したものとして不正利用にならなくなります。

クレジットカードのスキミング被害も対象にならないことがあります。
どのようなケースで補償されないかは不明確なので、手元から離さないように管理するのが良いでしょう。また、支払いの際にカードを店の奥に持って行かれてしまうと何をされているのか見えないので注意が必要です。
フィッシング詐欺にも注意しなければなりません。

多くのクレジットカードにはインターネットでの不正利用に対する保険が付いていないので、補償されない危険性があります。
フィッシングサイトで暗証番号まで入力してしまった場合、暗証番号を教えたことになるので過失として扱われます。



対策としてはインターネットでの不正利用の保険が付いているカードを作り、インターネット決済ではそれ以外のカードを使用しないことや、不正利用に気付いたときにすぐにカード会社に連絡して利用停止にし、これ以上被害が拡大しないようにします。

また、クレジットカードの利用限度額を必要最小限にしておくのも有効です。

限度額以上は使えないので、被害を抑えられます。