未成年の持つクレジットカード

###Site Name###

クレジットカードは高校を卒業した満18歳から持つことが出来ます。

高校を卒業していない以上は持てませんので注意が必要です。



また高校卒業後にすぐ発行して貰う場合は保護者の同意が必要になります。

収入がない状態ですから一般の社会人より審査が厳しく通った場合でも使用限度額は低く設定されるなどあります。

未成年の場合はクレジットカードの申し込み時に使用限度額を自分から低くして申請すると審査が通りやすい場合が多いです。



使用限度額は仕事に慣れてからとか成人を迎えた場合などに変更することは出来ますので、発行当初はクレジットカードに頼らない生活をすると良いです。


慣れない期間は分割での支払いは控えた方が無難になります。限度額を増やす場合は、それまでの信用が必要です。


信用とは支払いがしっかり行って貰えることが前提条件になります。
毎月1000円でも構いませんので、動画サイトなどに登録してクレジットカード支払いを毎月行っていれば信用を得ることは出来ます。

別に毎月使用する必要はないのですが、使うときは1回払いで終了する額のみ使うなど返済に自分や家族が不安になる使い方は控えた方が良いです。

親権者と呼ばれる方の連絡先は明白にされないと審査中に電話連絡のできない状態ではクレジットカードの発行は見合わせになる場合があります。

まずは必要な理由を家族などに理解して貰う必要から始まります。
家族が納得されてから発行を依頼するとスムーズに行えます。