電話でのクレジットカード申込者確認について

###Site Name###

クレジットカードの入会審査は、書面で行うのが一般的です。

但しクレジットカード申込書の内容によっては電話での確認が必要な場合があります。



信用調査の電話確認では3つのポイントがあります1電話の相手方がクレジットカードの申込者本人に間違いないですか。本人にしか答えられない事項を質問する2クレジットカード契約の意思確認をすることです3契約成立後も継続して連絡がとれるように「連絡先」を確認しておくことです。
電話による契約意思確認は、名義貸しをはじめとする支払い意思のない申し込みを排除することができます。
受け答えの内容を残すことは取引内容が法的にも一層確実なものになります。

では、具体的にどんな時にクレジットカードでは確認がひつようになるのでしょうか。

次のような場合に、電話での連絡をいれ確認をとることが適切です。
1主婦、年金、無職のケースでは確認をとるべきです。

収入減を明確に訊ねることが必要です。



主婦の場合は、配偶者の氏名、生年月日、勤務先、勤続年数及び勤務先の電話等を確認し、併せて本人の契約の意思確認を併せておこなっておきます。

2自営業者の場合アパート内自営、公営住宅住まいで勤務先、自宅一致の自営業、資本金と従業員数がアンバランスである。
内容的に不審があれば、客観的情報も必要になってきます。電話を使って直接訊ねることで申込者の様子を確認し、疑問点を取り除くことができます。
のちの判定に有効な情報として生かすことができます。


また電話興、104、企業情報などを確認してから在籍確認をするようにして、相手方の応対などで、後の判定に大きく影響する事項を聞き逃さないようにしましょう。



架空の会社名を記入したり、実在の会社名を記入していながら電話だけは別の番号を使用したりするケースも散見されます。